メンズ

悪玉コレステロールを減らす方法|動脈硬化の引き金になる

鉄分の取り方

錠剤

たった数粒で

目まいや立ちくらみ、疲れやすいや顔色が悪いなどの症状は、貧血が原因かもしれません。特に、貧血は月経や妊娠や出産、無理なダイエットなどを経験する女性に多く、5人に1人が貧血の可能性があるようです。貧血の改善や予防には、鉄分を多く摂取することが望ましく、男性では8mg、女性では11mg摂取したいところです。レバーやほうれん草などに多く含まれていますが、摂取量からみるとほうれん草なら約550、レバーなら約85gを毎日摂取する必要があります。このことからも、食事から十分な鉄分を摂取することは、毎日食事に気を遣わなければならず大変です。そんな時に、サプリメントがとても役立ち、一日に必要な鉄分をたった数粒で摂取することができ人気です。

食生活の見直し

貧血かもしれないと感じたら鉄分が不足しているということですので、食生活を見直す必要があるかもしれません。レトルトやコンビニ弁当、パンだけといった単品の食事など、偏った食生活になっていませんか。鉄分不足とならないよう、和食中心のバランスのよい食事を心がけましょう。また、鉄分には動物性食物のヘム鉄と植物性食物の非ヘム鉄があり、吸収率に違いがあります。ヘム鉄の方が吸収率はよいですが、毎日動物性食物から摂取することは難しいですね。植物性食物から摂取する場合は、ビタミンCなど他の栄養素と一緒に摂取することで吸収率を上げることができます。そして、サプリメントから摂取する場合は、合成着色料・香料・保存料が未使用のものなら妊娠中も安心して利用できます。