メンズ

悪玉コレステロールを減らす方法|動脈硬化の引き金になる

糖尿病改善に効く栄養素

サプリメント

現在、950万人が糖尿病を患っていると言われており、高い関心を集めています。糖尿病とは、長期間に渡り食べ物を過剰に摂取したり、運動量に対して食事量が多い場合に、血液中に糖分が過剰に残ることで発症することが知られています。この糖尿病の診断に役立つ検査項目にヘモグロビンa1cという数値があります。ヘモグロビンa1cの正常値として一般的な範囲は、4.3%から5.8%であり、6.1%を超えると、ほぼ糖尿病で間違いないと診断されるレベルとなります。しかし、糖尿病は生活習慣病の一つであり、普段の食生活の改善や、運動、ヘモグロビンa1cを下げるサプリメント等の摂取で防ぐことも可能であり、対策ができる病気でもあります。

そもそも糖尿病とは、血液中に糖分が過剰に残った場合に発症する病気ですが、先ほど説明した診断に役立つヘモグロビンa1cは糖分ではありません。ヘモグロビンa1cとは、血液中の赤血球の蛋白であり、酸素を運搬することで知られているヘモグロビンと、ブドウ糖が結合した成分の1種です。糖尿病の際はヘモグロビンa1cが高い数値になりますが、これ自体が悪い作用を持つわけではなく、血液中に多くたまった糖分が血管や腎臓、肝臓、末梢神経を傷つけることが病気の中で最も気をつけるべき点になります。これらの症状自体を防ぐためにも、医薬品だけでなく、サプリメントも多く販売されており、効果が認められていますので、積極的に使用することも大事になります。