メンズ

悪玉コレステロールを減らす方法|動脈硬化の引き金になる

自律神経の乱れ

女の人

多くの女性が感じる症状

人の体温は大きく変動するものではなく、季節や気温に対応して体温を一定に保つ働きを持っています。これは寒さや暑さを皮膚が感じて自律神経に伝えられ血流や筋肉の動きなどにより調整をしています。冷え症は夏でも手足などが慢性的に冷えていると感じることをいいます。原因は自律神経、皮膚感覚の乱れ、筋肉量が少ない、ホルモンバランスが崩れたなどが考えられます。年間を通してエアコンを使ったり、ストレスや生活習慣の乱れは自律神経の乱れが生じます。女性は筋肉量が少ない為に、筋肉運動による発熱と血流が少ない事が冷え症の多い原因となります。また、更年期などで女性ホルモンが乱れてしまうと血行の流れを悪くすることになります。

生活習慣を改める

人は寒いと感じると臓器を守るために体の中心に血液を送ろうとします。この為、手足の先の血管には血液量が少なくなり寒さを強く感じるようになります。冷え症は血液の流れが大きく関係をしているので、他の病気が潜んでいる事もあるので注意しましょう。体が冷えてしまう状態が続くと体調の不具合を招く可能性があります。冷え症の予防は体を温める事、血流を良くする事、自律神経を正常に機能させる事などがあげられます。良質なたんぱく質やビタミンなどバランスの取れた食生活が重要になります。特に血行障害を改善する作用を持つビタミンEは積極的に摂取しましょう。ビタミンEは緑黄色野菜やアーモンドに多く含まれています。これらの食品からの摂取が難しい場合には、サプリを活用しても良いでしょう。また、無理なダイエット、睡眠不足、ストレスや運動不足などは血流を悪くします。このように、冷え症は生活習慣の改善が一番の予防と考えます。冷え症を放置すると違う病気を招くこともあるので注意をしましょう。